特定調停も任意整理による処理と同じように、貸方に対し支払いを続けていくことを前提とした借金を整理する方法のことです。他の表現でいうなら裁判所が関係する負債の整理ということができます。この手順も任意整理による方法と同じように自己破産手続きとは違いある部分のみの借金のみをまとめることが可能ですので、連帯保証人が付く借入を除いて手続きしていく際や自動車ローンの分以外について検討していく際などにおいてでも申請することができますし全ての資産を手放す必要がないため、投資信託や有価証券資産を持っているものの手放したくない状況であっても選択肢になる債務整理の方法といえます。ただ、手続きを取った後の返済金額と手取り額を検討して適度に返済の目処が立つようならばこの特定調停による手続きを取ることが可能ですが、破産申告と異なり借金そのものがなくなってしまうわけではありませんので金額がかなりある状況の場合、現実にはこの方法で手続きを実行するのは難しくなるということがいえるでしょう。また、この解決策の場合は裁判所という機関が解決に当たりますので専門家にお願いしなくても不利な立場に立たされることはないという点や解決するための諸経費を節約できるという良いところは良いのですが債権者からのきびしい取り立てに本人が処理しなければならない点や、裁判所に何回か行く手間を要するといった留意点もあります。なお、任意整理による解決に対して最終段階でも同意に達しないといった場合は借入利息をすべて含めた計算で振り込んでいく必要がある点やあとから見れば債権者に対し払う総額が任意整理による方法の場合と比較して高くなる傾向にあるなどの注意点もあります。

Copyright © 2002 www.bigmamouwilliamsburg.com All Rights Reserved.