自己破産を検討する人で自分のローンに対して保証人を立てているときにはあらかじめ連絡をしておいた方が良いです。再度、改めてお話ししますが債務に保証人がいるときは、自己破産手続き前によくよく考えておかなければなりません。なぜなら、今あなたが破産申告をして免責がおりると、その人たちがあなたの負債をまとめて果たす必要があるからです。ですので、破産宣告前に、至った詳細とか現状を報告しつつ、お詫びの一つもなくてはならないでしょう。そういうことは保証人となる人の立場に立つと求められることです。債務者のあなたが破産することから、多額の借金が発生してしまうのです。そうして、以降の保証人である人の選ぶ選択肢は次の4つです。まず1つめですが、保証人自身が「いっさいを払う」という選択肢です。保証人がすぐにでも大きな借金を苦労することなく返すことができるキャッシュを用意しているならば、そうすることが選択できるでしょう。でもむしろ、自分は自己破産せずに保証人である人に立て替えてもらって、これからはその保証人に定額返済をしていくという形も取れるのではないでしょうか。保証してくれる人が親しい関係にあるのであれば、少し期日を猶予してもらうこともありえます。一括で返済ができないとしても、業者側も相談により分割での返済に応じることもあります。保証人に自己破産を行われてしまうと、貸金がすべて戻らないことになるからです。もし保証人がそのカネを全額負う財産がなければ、あなたとまた同様に何らかの方法での債務整理をすることを選ばなければなりません。2つめの方法は「任意整理」です。この場合債権者と相談することでおおよそ5年弱の年月で返済していく方法です。弁護士などに依頼する場合の経費は債権1件につき約4万円。もし7か所からの契約があるならおよそ28万円かかることになります。債権者側との話し合いを自分でやってしまうこともできますが、債務処理に関する知識がない方だと向こう側が確実に有利な提案を提示してくるので、注意が必要です。くわえて、任意整理をする場合も保証人である人にお金を代わりに払ってもらうわけですから、借りた人はたとえ少しずつでもその保証人に支払いをしていく義務があります。次の3つめは保証人となっている人も借金した人と同じように「自己破産をする」ことです。あなたの保証人も債権者とともに自己破産を申し立てればその保証人の債務も返さなくて良いことになります。しかしながら、保証人が住宅等の不動産を所有している場合は該当する個人資産を取り上げられますし、資格制限のある仕事をしているのであれば影響があります。そういった場合は、個人再生制度を活用できます。最後の4つめの方法としては「個人再生をする」ことができます。マンション等の不動産を残して整理を望む場合や、自己破産手続きでは資格に影響するお仕事に従事している場合に検討していただきたいのが個人再生による整理です。個人再生なら、不動産は処分する必要はありませんし自己破産のような職業制限、資格制限がありません。

Copyright © 2002 www.bigmamouwilliamsburg.com All Rights Reserved.