そもそも、一般人が破産を申し立てるまでの期間は返済者その人に直接の電話によった借金徴収と債務者家宅への直接訪問による取り立ては法律違反でないということになります。また、自己破産申請の手順に入ってから手数がかかってしまったケースには債権保持者は無作法な集金を行ってくる危険が高くなります。債権保有人サイドからすると負債の返済もされずに、それでいて自己破産のような公的なプロセスもしないという状況であると会社内で対応を遂行することが不可能になるからです。そして、債権保持人の一部は法律屋に依頼していないとわかると、強行な集金行為を繰り返してくる人もいるようです。司法書士事務所または弁護士に依頼したケースでは、個々の債権人は本人に対しての直接徴集を行うことができなくなるのです。相談を把握した司法書士事務所か弁護士の人は要請を任されたと記載した文書を各取り立て企業に送りその文書を受領したのなら依頼者は取立人による返済請求から解き放たれるという流れになります。ここで、業者が職場や故郷へ訪問しての返済請求は借金に関する法律のガイドラインで禁じられています。貸金業であって登録が確認できる業者ならば親の家へ訪問しての集金は法に反しているのを気づいているので違反だと言ってしまえば、そのような収金を維持することはないと思います。自己破産に関する申し立て後は本人に対する返済請求を含め全種類の取り立ては不許可になります。よって業者からの返済請求行動がすべてなくなるということになります。しかし、違反と分かっていながら接してくる取り立て業者もないとは思えません。金貸しとして登録してある会社であれば、破産の申請後の収金が貸金に関する法律のガイドルールに抵触しているのを気づいているので、法に反していると伝達すれば、そのような集金を続行することはないと思います。ただ法外金融と呼ばれている登録していない取立人に関しては予測外で、法外な取り立てなどによる被害者が減少しないのが今現在の状況です。業者の中にいそうなケースではどんな場合であれ弁護士の人や司法書士事務所などの専門屋に頼むようにするといいと考えます。

Copyright © 2002 www.bigmamouwilliamsburg.com All Rights Reserved.