民事再生という選択肢は住宅ローンを含めて重債務に苦しめられている利用者をターゲットとして住宅を維持しつつ金銭管理においてやり直すための法的機関を通した手順として平成12年11月に適用されるようになった手段です。この法律には、破産宣告とは違って免責不許可となる要素がなく競馬などで借金を作った場合も問題ありませんし、破産宣告をすると業務ができなくなる可能性がある免許で働いているような場合でも制度の利用が可能になります。破産の場合には住宅を残すことは無理ですし、任意整理と特定調停では借金した元金は戻していくことが必要ですので住宅ローンなども支払いながら返していくことは現実問題として簡単ではないと思われます。ただ、民事再生という手順を選ぶことができれば、住宅ローンなど以外の借金額はけっこうな額を削減することも可能ですので、余裕を持ちつつ住宅のためのローンを払いつつあとの借入金を返済し続けるようにできるというわけです。とはいえ、民事再生による整理は任意整理による手続きや特定調停といった手続きとは違い特定の借金を除き処理していくことは不可能ですし、破産手続きの際のように債務が消えるということではありません。くわえて、これとは別の解決方法に比べて手続きの方法が手間が必要ですので住宅のローンを持っていて住んでいるマンションを手放すわけにはいかないような状況等以外で破産申告等それ以外の整理方法がない時のあまり優先したくない処理として考えていた方がいいでしょう。

Copyright © 2002 www.bigmamouwilliamsburg.com All Rights Reserved.